【体験レポ】純黒の悪夢4Dを観た感想!安室のネタバレなし!

様々なハプニングに
見舞われつつも、

ようやく本編を観るところまで
こぎつけた管理人コナオ。

そして、

この本編が、この4Dが、
もうとてつもなく、とてつもなく、

面白かった!!

それでは続きをどうぞ。

スポンサードリンク

劇場版名探偵コナン「純黒の悪夢4D」を観に行ってきた!

4Dが最高だった件

 今回の「純黒の悪夢4D」は3Dメガネを必要としない4D上映だった。4Dなのに3Dじゃないのは結構珍しい気がする。

Point7
 コナン4Dは2D映像!
 

 一般的な映画の予告がしばらく流れ、ついに!4Dのデモ映像が流れた。それと同時に、

アトラクション型4D始動!

ガコン!ガタガタガタッ!

プシュー!プシュー!

ピカピカピカ!

キャーキャー!アハハハハ!

 派手に揺れるシート、

 派手に吹き出る風、

 派手に光る証明、

 抑えられない客席の声、

 そして!

コナオ
うおー!!!

コナオの叫び。(4度目の4D体験…)

心の声ね。一応。。

 デモでこの楽しさである。

 そして、4Dデモの後に放映されたのは4D映画の予告。タイトル「ジュマンジ」。この予告でも実際にアトラクション効果があるのだが、

めちゃめちゃ楽しかった。

 他のお客さんもずっと笑いっぱなしである。(マジで声を出しながら。)

 ちなみにこの時点でコナオが持ってきたポップコーンはビニール袋の中で倒壊した。

Point8
 4Dのデモと予告が楽しすぎる!

赤井と安室に殴られ、キュラソーに涙した件

 予告も終わり、ついにコナン「純黒の悪夢」本編がスタート!みんなついてきてくれてるかな?

 物語全体で言うなら「動-静-動」という流れで、アトラクション効果が発揮された。

 初めの「動」はもちろん、キュラソー登場からカーチェイスのシーンである。格闘シーンで一番殴られたのはキュラソーでも安室でもなく、

コナオおよび観客だった。

 座席シートの後ろから「ドンッ、ドンッ」と映像に合わせて衝撃を感じた。

 車のヘッドライトの光とともに劇場内の証明が「ピカッ」と光る演出もにくい。

 続くカーチェイスのシーンでは絶え間なく風を浴びせかけられるが、これがかなり気持ちいい。車に乗って窓をあけると心地よい風が入ってくるが、まさにそれだった。思わず「Feel the Wind!!」と叫ぶところだった。

 キュラソーが海に沈むシーンでは水をかけられ、続く道路の火災シーンでは焦げ臭いにおい(でも心地よいにおい)が感じられた

もう最高である。

 物語中盤はあまり大きな動きはなし。

 アトラクション効果は物語終盤に再度加熱する。

 安室VS赤井の格闘シーンはやはり観客が一番殴られるのだけど、そのシーンをこのように例えている強者もいた。

純黒の悪夢4DX観てきましたよ……
赤井秀一に殴られて安室透に抱かれた……

 これはなんとも言い得て妙である。

 そして、終盤外せない大切なシーン。それがキュラソーのラストだ。

 とにかく泣ける。

 詳しくは書けないが、キュラソーの最後は俺達がキュラソーになるのだ。

急にポエムっぽいこと言い始めたけど、大丈夫かしら。。

 とにかく、ここの感覚はぜひとも味わってもらいたいところである。

Point9
 本編は終始最高!!キュラソー・・・

スペシャル映像にもう言葉が出なかった件

安室さんかっけ~!!

Point10
 この安室さんになら抱かれても構わない。

劇場を後にしても興奮覚めやらぬ件

 とにかく面白い作品だった、「純黒の悪夢4D」。今回コナオはMX4Dで観たわけだが、4DXでも観てみたい衝動に駆られている。

 そうそう、最後にこれを紹介しなくちゃね。

 ※現物には白い縁はありません。

 左が裏で右が表だ。かっこいー!!

Point11
 さいっこーの映画でした!!

スポンサードリンク

4Dを観る際の注意事項

 さて、今回コナオは生涯4回目の4D視聴だったわけだが、この4回で学んだ4Dを観る上での注意点を伝えておこう。
 断じて備忘録ではない。

大きな荷物は持っていかないほうが良い

 上記の通り、ロッカー争奪戦は避けられない。もし戦いに敗れてしまったら、あなたはその荷物を場内でずっと膝枕するはめになるか、さもなければスタッフに入場扉前で預かってもらうという2択を迫られる。

 貴重品や大事なバッグでどうしても預けたくない場合は、やはり小さめのバッグを持っていくべきだろう。

トレイの持ち込み禁止

 こちらも上記の通り、ポップコーンと飲み物を一緒に注文したときについてくるトレイはスクリーンには持ち込めない。ポップコーンとドリンクセットが映画を観る際の常だとしたら、4D上映ではその考えを改める必要がありそうだ。

 誤ってトレイで持ってきてしまっても入場扉前でビニール袋に変えてもらえるので、その点は安心して良い。

飲み物は控えるべし

 トレイがなければ持ち込みオーケーなわけですが、飲み物はオススメしない。絶対に!

 たぶん座席が揺れるせいで体が刺激されるのだろうが、とてつもない尿意にさいなまれることになる

 思い返せば3回目の4D視聴でも尿意をもよおして、映画終盤にさしかかる重要なシーンで我慢しきれず席を外した。その時はたまたまかと思ったが、なんと今回も尿意をもよおしたのだ!今回は我慢した。

 これはもう偶然ではなく、「4D=尿意」という公式を認めざるを得ない。

 4Dを視聴する前にかならずトイレを済ませておこう。 

女性は水しぶきに注意せよ!

 コナオは男のため関係ないが、女性は水しぶきでお化粧がとれてしまう可能性がある。それほどいい感じにぶっかけられる。

 ちなみにコナオの座高は女性と近いが、水しぶきがかかったのは口元だった。うまいこと目には当たらないよう調整されているらしい。

最後のまとめ

いかがだっただろうか。

今回は名探偵コナン「純黒の悪夢4D」
の体験レポを紹介させていただいた。

結論を言うと、

とにかく面白い作品だった

ということだね。

もちろん最後の特典映像を
観るためにきてもいいのだけど、
普通に本編も楽しめるクオリティに
仕上がっている。

えっ?コナオさんにとっての4Dとは何かって?
”何度でも新鮮で面白い気持ちを味わえる素晴らしい体験”
です!

もっと「純黒の悪夢」を楽しみたい方へ。
声優情報もしっかり押させておくと、
意外な発見がある。

さて、本作を観たらいよいよ
「ゼロの執行人」となる。

こちらに「ゼロの執行人」の記事を
まとめているため、
是非ご覧いただきたい。
==>「ゼロの執行人」記事まとめ

2018年9月18日追記:
「ゼロの執行人」4D上映が決定!!
こちらで情報をまとめているので、
事前に確認しておこう!

スポンサードリンク スポンサードリンク