2019年4月15日、

劇場版名探偵コナン「紺青の拳」
の公開から最初の月曜日です。

この土日であなたはもう
ご覧になりましたか?

もしかしたら
もう2回以上観てたりして。

そんなコアなファンなら
なおさら気になることが
あるでしょう。


興行収入です。


昨年の「ゼロの執行人」が
超大ヒットしたことによって、
「名探偵コナン」の映画は
内容だけでなく、興行収入も気になる
項目の1つになりました。

4月15日は「紺青の拳」最初の
興行収入が発表される日。


昨年の「ゼロの執行人」のときのように
今日からまたしばらく、
毎週興行収入をまとめていこうと
思います。

それではどうぞ!


スポンサードリンク


「紺青の拳」の興行収入は?

 さて、「紺青の拳」の興行収入を見ていく前に、改めて簡単に”興行収入”とは何か、おさえておきましょう。

 本記事では次の2種類の興行収入について見ていきます。


(1)土日の興行成績
 土日2日間の興行収入を表します。平日の観客動員数に比べ、土日の観客動員数の方がはるかに大きく、作品の人気差が顕著に表れます。そのためリアルタイムなランキングとして使われやすいデータとなります。「王○のブランチ」で採用している映画ランキングも実は前週のこの値を元にして公開しています。

(2)累計興行収入
 映画公開から現在までの興行収入を表します。もちろん、平日の興行収入も込みで算出されます。劇場での映画公開が終了した時点のこの値が、最終的なその作品の興行収入ということになるわけですね。



 それでは「紺青の拳」の興行収入を前3作品と比べて見てみましょう。


紺青の拳
累計興行収入

(4月12日~4月14日)

18.9億円!!

「純黒の悪夢」 より-44.4億円
「から紅の恋歌」より-50.0億円
「ゼロの執行人」より-72.9億円


 続いてグラフを紹介します。
※グラフは第1週目(4/14)までのものとなります。

 まずは、土日の興行成績のグラフを前2作と比較して見てみましょう。



 ご覧の通り、週ごとに興行成績は下がっています。それぞれの頂点を結びつけると、きれいな放物線が描かれることでしょう。土日の興行成績とはこのように推移されていくものです。
 そしてもう一つ。初週の土日を上回れば、すべての週の土日で上回ることがわかります。初週がいかに大事かおわかりいただけるかと思います。


 続いてのグラフは累計興行収入です。



 こちらは前週の値に、次の1週間の数字が積み重なるので、週ごとに値が大きくなっていることがわかります。
 こちらもやはり、初週を制したものがすべての週において制しており、最終的な興行収入も制することになる可能性が高いですね。


 いかがですか?

 それでは1週間ごとの結果を見ていきましょう。

公開第1週目

土日の興行成績:4月13日、14日
紺 青:1,464,000,000
ゼ ロ:1,295,835,000
から紅:1,286,928,000
純 黒:1,208,492,000
(Box Office Mojo 調べ)

 早速ですが、とんでもない大記録を叩き出しました。土日2日間の興行収入は約14億6400万円であり、来場者は114万人を超えました

 前作「ゼロの執行人」の初週土日来場者数はちょうど100万人超えで、コナン初の土日で100万人超となりおめでたかったわかですが・・・、どうやらただの通過点だったようですね。笑

 また、これは前作も一緒なのですが、4月14日(日)はTOHOシネマズで行われている「毎月14日に大人1,100円で映画を観られる」という”TOHOシネマズデイ”。つまり1人につき700円も安く計上されている状況になります。

 ちなみにですが、このタイミングで来年の話をするのもなんですが、2020年の4月14日は火曜日です。なのでまだわかりませんが、来年の初週土日はもっとすごいことになるかも?


累計興行収入:4月12日~4月14日
紺 青:1,886,000,000
ゼ ロ:1,671,137,000
から紅:1,286,928,000
純 黒:1,208,492,000
(Box Office Mojo 調べ)

 公開最初の金、土、日の3日間の興行収入は18億8600万円となりました。金曜日だけで4億円を超え、ヤフーニュースなどで話題となりましたね。前作を上回るロケットスタートだと。

 なお、この3日間で早々に「時計じかけの摩天楼」(11億円)、「14番目の標的」(18.5億円)の最終興行収入を超してしまいました


第1週目の考察
 大切な大切な第1週で見事勝ち星を獲得した「紺青の拳」。上のグラフを見ると分かる通り、初週を制したものが最後も制しています。

 今回、「紺青の拳」の制作陣が目標としている数字は、おそらく昨年の91.8億円を上回る92億円。舞台挨拶で92枚の瓦割りを行ったようですしね笑。昨年が大記録すぎて、今年あたりで1回クールダウンの年をはさむかと思いきや、そんなことはないようです。

 では92億円を上回れるかと言うと・・・、4D込みならあり得るかもしれませんね。「ゼロの執行人」の4D公開前の最終興行収入は86.7億円でした。よって、(1)「紺青の拳」で4Dをやること(2)4D公開前に86.7億円を超えること。この2つが92億円を超える条件となるでしょう。

 逆にこの2つの条件をクリアしたら、今度こそ誕生するかもしれません。100億の男が・・・。


スポンサードリンク


最後のまとめ

いかがでしたか。

今回は「紺青の拳」の興行収入に
焦点をあてて見ていきました。

前作「ゼロの執行人」も
圧倒的な伸び率で「から紅」を
圧倒しましたが、

今回はまさかのそれを超す
伸びっぷり。
今年も興行収入の最高記録を
更新しようとしています。

果たしてどうなるか・・・。

最新の結果は
随時更新していきます!


「紺青の拳」を
もう1度観に行くという方は
こちらのネタバレを読んで
予習しておきましょう。
新たな発見があるはず。


前作「ゼロの執行人」の興行収入を
1週間ごとにまとめた記事はこちら!


過去のコナン映画の
歴代興行収入ランキングはこちら。
他アニメ映画とも比べています。