劇場版名探偵コナンの地上波放送、
みなさんは毎回
観ていらっしゃいますか?

管理人はもちろん観ていますが、
コナンの内容もさることながら、

地上波で放送されると、
やっぱり視聴率とかも
気になっちゃうんですよね。

そこで今回は、

コナン映画の地上波放送について、
地上波初放送回や視聴率など、
詳しく調査していきました。

それではどうぞ!

スポンサードリンク


劇場版名探偵コナンの地上波放送を分析!

 名探偵コナンの映画の地上波放送といえば、今でこそ金曜ロードショーが定番かもしれませんが、実は過去を遡ると、月曜日の放送が多かったみたいです。

 それでは1作品ずつ見ていきましょうか。

第1作:時計じかけの摩天楼

1回目 1998/01/05 21.6% 
2回目 2003/03/24 18.6%
3回目 2006/03/13 12.9%
4回目 2016/04/08  8.8%

 コナン映画の第1作目。シリーズ中1番地上波で放送されている作品です。作品のおもしろさは今見ても健在ですが、視聴率は下がる一方ですね。初回放送が1月5日というのは驚きです。いや、それよりも1998年という年に時代を感じるなぁ。


第2作:14番目の標的

1回目 1999/03/22 21.3% 
2回目 2014/02/07 16.0%

 初期コナン映画としては、2回しか放送されていないレアな作品です。また、2日目放送年が2014年でタイトルにかぶせてきてるのがおもしろいですね。となると、次の放送年は2024年!?


第3作:世紀末の魔術師

1回目 2000/03/20 23.3%
2回目 2002/10/07 19.8%
3回目 2008/09/29  8.7%

 1回目放送の視聴率が23.3%!これはコナン映画地上波放送では実はもっとも高い視聴率でした。それゆえか、2回目放送までのスパンがめちゃくちゃ短いですね。しかし、3回目は・・・。


第4作:瞳の中の暗殺者

2000年「瞳の中の暗殺者」
興行収入:25億円
1回目 2001/04/02 20.3%
2回目 2007/10/08 13.1%

 1回目の放送は2001年4月2日。21世紀の新年度初日に放送というのはなかなか乙ですね。


第5作:天国へのカウントダウン

1回目 2002/04/01 18.1%
2回目 2006/10/02 11.5%
3回目 2012/12/14 13.9%

 コナン映画の初放送としては、初めて20%割れをしてしまいました。一方で、3回放送されていることや、2回目よりも3回目の方が視聴率が高いなど、人気の高さがうかがえます。個人的にも本作が1番好きなんだよなぁ。


第6作:ベイカー街の亡霊

1回目 2003/04/07 20.4%
2回目 2018/02/07  7.4%

 初放送視聴率20%超え返り咲き!長らく2回目の放送がなかったため、世間ではまことしやかに放送禁止がささやかれていました。そんな噂をはねのけ、15年の時を経て2回目が放送されました。視聴率は散々ですが、裏が平昌オリンピック開会式だったのだから大目に見て!


第7作:迷宮の十字路

1回目 2004/04/16 16.5%
2回目 2006/12/25 10.5%
3回目 2017/04/07  9.9%

 公式のファン投票で好きなコナン映画第1位を獲得した作品。ところがその結果にそぐわず、視聴率は急落でした。その理由は?記事後半で推測しています。


第8作:銀翼の奇術師

1回目 2005/03/28 13.3%

 いまだ2回目放送がされていない本作。2019年のコナン映画はキッドがメインなため、2回目放送もされるでしょうか。しかし、公式投票では10位圏外だったため、本作こそ、今後の地上波放送が危ぶまれます。


第9作:水平線上の陰謀

1回目 2006/04/03 13.1%

 引き続き2回目の放送が行われていない作品。小五郎が安室透並みに人気出れば間違いなく再放送でしょう。


第10作:探偵たちの鎮魂歌

1回目 2007/04/02 13.2%

 10周年記念の作品ですが、やはり2回目の放送はありません。


第11作:紺碧の棺

1回目 2008/04/21 12.5%

 コナン映画の中でもイマイチと評される本作は、当然ながら2回目の放送はありません。



第12作:戦慄の楽譜

1回目 2009/04/17 15.0%
2回目 2011/08/19 13.4%
3回目 2014/12/19 10.1%

!!

 急に地上波3回放送の強者作の登場です。「戦慄の楽譜」・・・、失礼ながら、コナン映画の中では平凡な分類だったような。。まあ、1回目の視聴率がここ数年のコナン映画よりも高かったからですかね。


第13作:漆黒の追跡者

1回目 2010/04/15 12.8%
2回目 2011/11/25 10.4%

 黒の組織が登場する作品。2年連続で放送でした。


第14作:天空の難破船

1回目 2011/04/20 14.8%
2回目 2012/08/17 12.0%

 怪盗キッドの登場作。先輩作「銀翼の奇術師」を抑え、2回放送を達成しています。こちらも2年連続。


第15作:沈黙の15分

1回目 2012/04/13 13.2%

 本作以降は公開されてからまだ年月も経っていないので、1回放送が連続します。


第16作:11人目のストライカー

1回目 2013/04/19 11.4%

 これも1回放送。DVDで見返したりしますが、今地上波放送されたらサッカー選手のボイスにTwitterトレンド入り間違いなしでしょう。


第17作:絶海の探偵

1回目 2014/04/18 13.6%

 これも1回放送。やや難解な作品。


第18作:異次元の狙撃手

1回目 2015/04/17 13.1%

 赤井秀一メインのコナン映画が制作されたら本作が再放送されることでしょう。


第19作:業火の向日葵

1回目 2016/04/15 10.5%

 怪盗キッド作品。近年過ぎて当然の1回放送。し、視聴率が・・・。


第20作:純黒の悪夢

1回目 2017/04/14 10.6%

 20周年記念作品。黒の組織がメインで、赤井秀一、安室透も登場しますが、視聴率は奮わず。


第21作:から紅の恋歌

1回目 2018/04/20 10.8%

 平次と和葉がメインとなる本作。ラブコメと純粋なミステリーで原点回帰な作品でしたが、まぁ視聴率はこんなもんです。


第22作:ゼロの執行人

 2019年4月放送予定!(たぶん)


スポンサードリンク


劇場版名探偵コナンの地上波放送データベース!

 それでは全地上波放送を放送順で一覧化していきます。

 放送日作品放送回数視聴率
11998/01/05 月時計じかけの摩天楼初登場21.6%
21999/03/22 月14番目の標的初登場21.3%
32000/03/20 月世紀末の魔術師初登場23.3%
42001/04/02 月瞳の中の暗殺者初登場20.3%
52002/04/01 月天国へのカウントダウン初登場18.1%
62002/10/07 月世紀末の魔術師2回目19.8%
72003/03/24 月時計じかけの摩天楼2回目18.6%
82003/04/07 月ベイカー街の亡霊初登場20.4%
92004/04/16 金迷宮の十字路初登場16.5%
102005/03/28 月銀翼の奇術師初登場13.3%
112006/03/13 月時計じかけの摩天楼3回目12.9%
122006/04/03 月水平線上の陰謀初登場13.1%
132006/10/02 月天国へのカウントダウン2回目11.5%
142006/12/25 月迷宮の十字路2回目10.5%
152007/04/02 月探偵たちの鎮魂歌初登場13.2%
162007/10/08 月瞳の中の暗殺者2回目13.1%
172008/04/21 月紺碧の棺初登場12.5%
182008/09/29 月世紀末の魔術師3回目8.7%
192009/04/17 金戦慄の楽譜初登場15.0%
202010/04/15 木漆黒の追跡者初登場12.8%
212011/04/20 水天空の難破船初登場14.8%
222011/08/19 金戦慄の楽譜2回目13.4%
232011/11/25 金漆黒の追跡者2回目10.4%
242012/04/13 金沈黙の15分初登場13.2%
252012/08/17 金天空の難破船2回目12.0%
262012/12/14 金天国へのカウントダウン3回目13.9%
272013/04/19 金11人目のストライカー初登場11.4%
282014/02/07 金14番目の標的2回目16.0%
292014/04/18 金絶海の探偵初登場13.6%
302014/12/19 金戦慄の楽譜3回目10.1%
312015/04/17 金異次元の狙撃手初登場13.1%
322016/04/08 金時計じかけの摩天楼4回目8.8%
332016/04/15 金業火の向日葵初登場10.5%
342017/04/07 金迷宮の十字路3回目9.9%
352017/04/14 金純黒の悪夢初登場10.6%
362018/02/09 金ベイカー街の亡霊2回目7.4%
372018/04/20 金から紅の恋歌初登場10.8%



 いかがでしょうか。2018年11月現在で、37回地上波放送がされているんですね。

 ちょっとわかりづらいんで、次のグラフも御覧ください。1年毎のコナン映画地上波放送の回数を表しています。





 1年の放送回数は結構バラバラです。1回だけの年もあれば、4回放送している年もある。2016年からは3年連続、1年2回放送となっています。旧作1本、最新作1本という形ですね。

 でも、この1年2回放送、正直危ぶまれると思いませんか?なにせ、視聴率が低迷してきています。次の項目を御覧ください。


劇場版名探偵コナンの地上波放送の視聴率グラフ!

 こちらはコナン映画の地上波放送の視聴率グラフです。

 

 きれいな推移ではありませんが、全体的な傾向として下がり気味なことがおわかりいただけるかと思います。映画の興行収入はジャンプアップしているのに不思議ですね。

 この下がり傾向の背景には、やはりDVDやBlu-rayが一般化されてきたことが大きいと思います。TSUTAYAレンタルなんて今では当たり前ですしね。それどころか、現在では動画配信サービスによって、コナン映画を、時期と条件によっては、いつでも無料で観られる時代です。

 その発想の元上のグラフを見返すと、ちょうどレンタルが普及してきたくらいから、視聴率が10~15%前後を推移するようになり、動画配信サービスが普及してきた近年で10%弱が定着してきたように見えます

 DVDや動画配信サービスがあれば、わざわざカット大ありの地上波で観る必要ありませんものね。


 では、この数字低いのかというと、実はそうでもありません。コナン映画の地上波放送1年2回以上が危ぶまれるかといえば、そんなことはないと思います。

 なぜなら、コナン映画が放送される金曜ロードショーの近年の視聴率は10%前後が一般的です。安定して10%超えるのはジブリ作品と話題作の初回放送くらい。10%下回る作品なんて、実はザラにあるんですね。そんな中、コナン映画の新作は10%を手堅くとっていますし、旧作もまぁ許容範囲でしょう。

 よって、今後もしばらくはコナン映画の地上波放送は1年に2回放送が続いていくのだと思われます。(願望込み)


最後のまとめ

いかがでしたか。

今回はコナン映画の地上波放送について
過去の放送をまとめてみました。

特に年ごとの放送回数と、
1回1回の視聴率に焦点をあてて
みましたが、

個人的には結構おもしろいデータを
お見せできたのではないかと思います。

今後も地上波放送の際には、
更新していく予定です。


その他興味深いデータや
ランキングはこちらから!