U-NEXTの評判・口コミ!体験談でメリット・デメリットを紹介!

動画配信サービスの1つとしてCMでもお馴染みのU-NEXT(ユーネクスト)。同じようなサービスがたくさんありますが、U-NEXTって実際どうなんでしょうか。

本記事では、U-NEXTの特徴他社と比較して優れている点、そして、U-NEXTを2年利用している筆者の体験談を通してU-NEXTに向いている人・向いてない人を解説していきます。

「公式よりも詳しく!」をモットーに。本記事が動画配信サービス選択の一助になれば幸いです。それではどうぞ!

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

U-NEXTとは

サービス名 U-NEXT(ユーネクスト)
提供サービス 見放題動画、レンタル動画、電子書籍
月額利用料 2,189円(税込み)
市場シェア 第4位(2019年)
運営会社 株式会社U-NEXT
サービス開始 2007年

U-NEXTは動画配信サービスの1つであり、定額制見放題作品と従量制レンタル作品の2種類の動画を配信しています。また、電子書籍も取り扱っており、ユーザーは見放題動画レンタル動画電子書籍の3種類のコンテンツを楽しむことができます。

月額利用料は2,189円(税込み)。なお、レンタル作品の視聴や電子書籍の購入に必要な1ポイント1円のポイントが毎月1,200ポイント付与されます。

定額制見放題サービスとしては、「U-NEXT」の2019年国内シェアは、16サービス中「Netflix」「DAZN」「Amazonプライム・ビデオ」に続く第4位(GEM Partners調べ)。これもなかなかすごい数字なのですが、一方で見放題作品の数は第1位を獲得しています。

「U-NEXT」は株式会社U-NEXTが運営するサービスです。株式会社U-NEXTは、株式会社USEN-NEXT HOLDINGS(ユーセン・ネクスト・ホールディングス)が持つ21の子会社の内の1つであり、かなり大きな組織の一部であることがわかりますね。

ちなみに、店舗BGMサービスの「USEN」、格安SIMの「U-mobile」、グルメメディアの「ヒトサラ」も、株式会社USEN-NEXT HOLDINGSの持つ子会社が運営してるんですよね。

U-NEXTの特徴

それでは、U-NEXT登録の決め手になるかどうか・・・、まずはU-NEXT自身が”強み”として公表している特徴を見ていきましょう。

U-NEXTの特徴
  • 190,000本の見放題動画作品数
  • 80誌以上の読み放題雑誌
  • 毎月もらえる1,200ポイント
  • 最新作も含めた20,000本のレンタル動画作品数 ※要ポイント利用
  • 電子書籍も購入可能 ※要ポイント利用
  • 1登録につき、4つのアカウント作成が可能
  • パソコン、スマホ、テレビ、PS4など、幅広い機器に対応
  • ダウンロード機能あり

190,000本の動画が見放題

なんと言っても外せないU-NEXT最大の特徴はこの見放題作品の数。その数なんと190,000本です。この数字は数ある動画配信サービスの中でもダントツNo.1なんですよね。こちらをご覧ください。

これは各ジャンルにおいて、一番多い作品数を100としたときの動画配信サービスごとの比較です。ジャンル別に見ても、洋画、邦画、アニメ、韓流ドラマの4部門で第1位の作品数!国内ドラマ、海外ドラマでも第2位です。

各ジャンルの具体的な作品数は次の通り。

洋画 5,100作品
邦画 3,620作品
海外ドラマ 730作品
国内ドラマ 750作品
韓流ドラマ 800作品
アジアドラマ 140作品
アニメ 3,650作品
キッズ 1,740作品
ドキュメンタリー 580作品
音楽・アイドル 420作品
バラエティ 3,300作品
韓流バラエティ・K-POP 280作品
大人向け 50,000作品

全部足しても190,000本じゃなくない?

これは”作品数”だからだよ。ドラマなんかは1作品10話とかになるでしょ?

数字だけ見てもピンと来ないかもしれませんね。でもとりあえず覚えておいていただきたいのが、他社にない作品もU-NEXTにはあるかもしれない、ということ。

なお、U-NEXTでは無料トライアル期間を設けており、この期間中は月額利用料が発生せず見放題作品を楽しむことができます。詳しくはこちらから

80誌以上の雑誌も読み放題

U-NEXTは動画だけではなく、雑誌も読み放題です。ジャンルはファッション誌ライフスタイル誌が多めで、その他にも、グルメ、トラベル、趣味、エンタメ、スポーツ、車、ビジネス、IT、ニュース、週刊誌まで取り揃えられています。

最新号の配信のタイミングは、半分ほどがそれぞれの週刊誌が発売されたのと同時。残りは1ヶ月遅れだったり数日遅れだったりです。1冊の値段がだいたい700円と仮定すると、毎月56,000円分の雑誌がタダで読める計算であり、ありえないほどオトクであることがわかります。

具体的な雑誌は以下の通り。雑誌を普段読まれない方でも名前を聞いたことのある有名どころがズラリです。(有名どころだけあって即日配信は少なめです。)

  • Seventeen(1ヶ月遅れ)
  • non・no(1ヶ月遅れ)
  • MORE(1ヶ月遅れ)
  • MAQUIA(1ヶ月遅れ)
  • MEN’S NON-NO(1ヶ月遅れ)
  • 週刊女性(1日遅れ)
  • 週刊アサヒ芸能(即日)
  • 週刊プレイボーイ(2週間遅れ)
  • サイゾー(即日)
  • 週刊東洋経済(即日)
  • 日経トレンディ(1ヶ月遅れ)

毎月もらえる1,200ポイント

見放題作品190,000本に並び、U-NEXTの大きな特徴と言えるのがこのポイント付与。U-NEXTは独自のポイント制度を導入しており、そのポイントを使ってできることは以下3点です。

U-NEXTポイントの利用手段
  • 有料動画のレンタル
  • 電子書籍の購入
  • 映画チケットとの交換

なんと映画チケットとの交換も可能なポイント。実際にU-NEXTに登録してわかりましたが、このポイント、かなり使い勝手がいいんです。そのポイントが毎月1,200ポイント付与されるんですよね。

1,200ポイントでできることとしては、例えば、以下のようなことが考えられます。

  • 有料動画レンタルなら2,3本視聴可能
  • 電子書籍版のコミックスなら2冊購入可能
  • 電子書籍版のジャンプ、サンデーといった週刊誌なら毎週の最新号を3週間分購入可能
  • (少しのポイント追加で)映画館で映画1本視聴可能

一方で、このポイントについての注意点が2つあります。

U-NEXTポイントの注意点
  • 付与されてから90日で失効される
  • ポイントが足らない場合、登録時の決済方法で自動的に現金課金される

毎月もらえる1,200ポイントは90日間で失効されます。つまりポイントを使わない場合、次のようなことが起きます。

ポイント失効の仕組み

3ヶ月の間一度もポイントを使わなかったため、4ヶ月目(正確には90日目)で1,200ポイントが失効されてしまいました。よって、最低でも4ヶ月目に突入する前に1,200ポイント使わなければもったいないことになります。また、ここでポイント失効を回避したとしても、2ヶ月目の付与ポイントの有効期限が迫ってきているため、やはり5ヶ月目に突入する前に1,200ポイントを使う必要があります。これでポイント失効を回避したとしても、3ヶ月目の付与ポイントの有効期限が・・・・・・(以下ループ)。

また、ポイントを使用する際、目的のコンテンツを得るのにポイントが不足していた場合は、登録時に選択した決済方法で、自動的に不足分が現金課金されます。

ポイント利用の仕組み

”自動課金”であるため、複雑な操作をせずスムーズにコンテンツを得られるというメリットがあります。

なお「キャッシュバック」があるのもいいですね。これは、現金課金分に対してのキャッシュバック。例えば、550ポイントの有料レンタル動画にすべてポイントを使用した場合はキャッシュバックはありません。上の画像では、自動課金分の150円に対してキャッシュバックのための計算がなされ、32日後にU-NEXTポイントとしてキャッシュバックされます。

ちなみにクレジットカード支払いの場合、キャッシュバック計算率は40%!150円現金課金した場合、”150×0.4=60”で、60ポイントが32日後にキャッシュバックされます。

最新作もあり!20,000本の有料レンタル動画

U-NEXTにはポイントを使用することで観られる動画が20,000本配信されています。特筆すべきラインナップは以下の通り。

映画最新作
劇場公開から間もない映画が最速配信されます。具体的にはDVD、Blu-rayが販売されたのと同時、あるいはそれより早いことも。基本的には1作につき440~550ポイントなので、最新作を月2本、課金をせず毎月もらえるポイントだけで観られる計算です。
NHKオンデマンド
U-NEXTの隠れた有用サービスの1つ。NHKで放送されたドラマ、バラエティ、ドキュメンタリーが見放題になる、月額990円(税込み)の「NHKオンデマンド」というサービスがあります。実はそのサービスをU-NEXT経由で契約することができるのです。これにより、「NHKオンデマンド」の月額利用料をU-NEXTポイントで支払うことができます
ディズニー作品
ディズニーアニメや洋画の中でも人気のあるマーベル作品、ルーカスフィルムも取り揃えられています。セール時には1本220ポイントという破格の値段で視聴できます。
生ライブ映像
2020年の時勢柄、新たに展開され始めた無観客の生ライブ配信。2020年6月25日に行われた「サザンオールスターズ」の生ライブで購入されたチケット数はなんと18万枚!8つのメディアで配信されましたが、見放題作品を配信する上位6サービス(「Netflix」「DAZN」「Amazonプライム・ビデオ」「U-NEXT」「Hulu」「dTV」)の中で配信されたのはU-NEXTだけです。U-NEXTでは2020年7月5日にも「ゴスペラーズ」の生ライブ配信がされた他、2020年8月1日以降は宝塚歌劇の公演の全編ライブ配信が実施されます。サザンの無観客ライブ成功事例から、今後もアーティストの無観客ライブ配信は加速していくと思われます。

電子書籍も豊富な品揃え

電子書籍のサービスと言って思い当たるものに、「まんが王国」「BookLive!」「コミックシーモア」「Renta!」などがありますよね。ですが、U-NEXTに登録してしまえば、これらに登録する必要もありません。U-NEXTで十分事足りるからです。

各ジャンルの具体的な作品数は次の通り。

マンガ 102,700作品
ライトノベル 20,800作品
書籍 206,900作品

1作品につき複数巻ありますので、”冊”の単位で数えたらとんでもない数になります。もはや、書店レベルと言っていいのではないでしょうか。

漫画に関しては、週刊少年ジャンプや週刊少年サンデーといった少年漫画誌も発売と同時に配信されます。書籍に関しては、小説だけでなく参考書や写真集など、書店にあるジャンルは大抵取り揃えられています。大人な作品やBL系など、書店ではちょっと購入しづらい作品もばっちりこっそり購入可能です。

なお、購入した電子書籍はU-NEXTアプリでいつでも読むことができます。

1登録で4アカウントを利用可能

U-NEXTではファミリーアカウント制度を設けており、1アカウントにひもづけて3つまで子アカウントを作成することができます。名前の通り家族向けのサービスですね。

すべてのアカウントに対して年齢制限のある作品を観られないようにする設定がある他、子アカウントに関しては有料作品を観られないようにする設定も可能です。これによって、お子さん用のアカウントも安心して作ることができるわけです。

・・・ん?視聴履歴が見られたくないですって?大丈夫。視聴履歴、購入履歴は自分のアカウントにログインした時にしか表示されませんから。

豊富な対応デバイス

U-NEXTで配信されている動画を観られる機器は様々です。具体的には以下の通り。

U-NEXT対応デバイス
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • テレビ
  • プレイステーション4

要は「考え得るすべての映像デバイスに対応していますよ」ということですね。なお、テレビ本体がU-NEXTに対応していなくても、下記製品を取り入れればテレビでも見られます。

  • Chromecast
  • Fire TV
  • Apple TV(第4世代〜)
  • Google Home
  • Nexus Player
  • その他

居間ではテレビやパソコン、寝室ではタブレット、外出中はスマートフォン・・・というように、どんなシチュエーションでもU-NEXTを楽しめるわけですね。

外出中はネット環境がなければ観られないんじゃない?

そんなことないよ!ネット環境がなくても、観ることができる。詳しくは次の項目で!

ダウンロード機能でスマホに映像をダウンロード

U-NEXTはスマホのアプリに動画や漫画をダウンロードすることができます。この機能によって、事前にダウンロードしておけば、外出先にネット環境がなくても動画を観ることができるわけですね。もちろん、家のWi-Fiでダウンロードすれば、スマホの通信量はかからないわけですから、その点でもメリットがあると言えます。

なお、ダウンロードしたコンテンツは48時間後にダウンロードフォルダからは削除されますので、その点だけは注意しておきましょう。

無料でU-NEXTを利用する!

【体験談】U-NEXTを2年利用した人の口コミと評判

ここからは実際にU-NEXTを2年以上利用している筆者がU-NEXTを普段どのように使っているかを解説していきます。その中でメリット・デメリットもお伝えしていけたらと思います。ちなみに筆者は複数動画配信サービスを登録していますが、一番利用しているのはこのU-NEXT。いろいろお伝えできると思っています。

なお、スラスラ読めて内容が頭に入ってきやすいように、あえてインタビュー形式にさせていただきました。それではどうぞ。

コナオ
職業:会社員
U-NEXT登録年:2018年
登場人物B

動画配信サービスに登録し、映画・ドラマ生活を満喫中。どんな作品が配信されているのか配信作一覧を眺めるのも好きです。

厳選!U-NEXTのメリット2点

本項の要約
  • 作品数の多さがやはり強い
  • U-NEXTポイントの使い勝手が非常によい

―初めに、数ある動画配信サービスの中からU-NEXTを選んだ理由を教えてください。

いきなりですが、これはまったく皆さんの参考になりません。こういうサイトを作っているので、動画配信サービスの比較をしたかったからです。特に「名探偵コナン」が配信されている動画配信サービスに焦点をあてて選びました。だから、Hulu、U-NEXT、dTVのすべてに登録しています。

―でも、比較するだけなら無料トライアル期間で解約すればよかったのでは?毎月お金を払ってまでまだ登録しているのはなぜでしょう。

まあそうなんですけど、実際使ってみたらあまりの使い勝手の良さとサービスレベルの高さに魅了され、今も使っているのが現状です。映画やドラマはもともと大好きだったので。無料トライアル期間で惚れこみました。U-NEXTの思惑通りですね(笑)

―そんな使ってていいと思うことって何なんですか?

ズバリ作品数の多さですね。私は普段テレビアニメは観ないんですが、友人にとあるアニメを勧められまして・・・。あるかなぁと思って登録している動画配信サービスで探してみたんですけど、配信されているのはU-NEXTだけでした。ちなみにこの経験はアニメに限らず、1度や2度でなく何度もあります。U-NEXTは作品数の多さをプロモーションに打ち出していますが、さすが伊達じゃありませんでした。

―なるほど。やっぱり作品数の多さは正義ですね。

ですね。それともう1ついいと思うところがあって、ポイントの使い勝手の良さです。

―ポイントって毎月もらえる1,200ポイントのことですよね。使い勝手が良いとは?

はい、実は私はこのポイントを極力使っていません。なぜなら、ポイント使うのもったいない精神が働いてしまうからw「でも、失効してしまう方がもったいない」と思うでしょ?そうです。なので、有効期限が切れる月の失効日前にポイントを使っています。

よくあるポイント制度の落とし穴として、有効期限が近付いたポイントを何に使うか迷うことってありませんか?私もよくありまして・・・。でもU-NEXTのポイントはそうならないんですよね。

―なるほど。U-NEXTのポイントの使い道は、「有料動画のレンタル」「電子書籍の購入」「映画チケットとの交換」でしたよね。何に使ってるんですか?

一番初めに考えるのは、映画チケットとの交換ですね。私は映画めちゃくちゃ観ます。自宅でもよく観ますが、本当は映画館派なんです。だから「これは観たい!!」という作品が放映されているならそれに使います。これ、かなりオトクなんですよ。本来1,900円払って観る映画が、いつの間にか月々たまっているポイントで観られるのですから。気分的にはタダで観てる感覚ですね。しかも割引がついてて、1,900ポイントではなく1,500ポイントでチケット1枚と交換できるんです(KINEZOシステムの映画館を除く)。個人的には、U-NEXTはもっとこの映画チケットとの交換をプロモーションに打ち出した方がいいと思ってます。

―1,500ポイントで映画館で観られるんですね。それは確かにオトクですね!観たい映画がないときは?

「今月はあまり目ぼしい作品ないなぁ」と感じたら、映画チケットとの交換はしません。U-NEXTの検索機能で、「ポイント支払いあり」「ランキング順」を指定して、気になる有料作品をレンタルします。新作を観てもいいですし、映画館で観た心に残る作品をもう一度観てもOKです。洋画なら、映画館では字幕だったけど、今回は吹き替えで・・・とかやってます。だいたい毎月1,200ポイント使う必要があるので、2本観られて充実してます。

―「失効するから使わなきゃいけない」というのはネガティブなイメージですが、逆にそれを楽しんでいますね。

まさに!そんな感じです(笑)

ちなみに私の知り合いは毎週発行される少年ジャンプを買うのにU-NEXTポイントを充ててますね。見放題を楽しみつつ、月4, 5回の最新号を楽しみにしているみたいです。

厳選!U-NEXTのデメリット2点

本項の要約
  • 月額利用料が高い
  • 見逃し配信やバラエティに弱い

―今度はデメリットについて教えていただけますか?U-NEXTを使っててここはちょっと・・・、というところを教えてください。

これははっきりしていて、ズバリ月額利用料の高さですね。月額2,189円(税込み)なんですが、これ他の動画配信サービスと比べるとすごく高いんですよ。言ってしまうと、U-NEXTの月額利用料だけで、Hulu(税込1,026円)とdTV(税込550円)とAmazonプライムビデオ(税込500円)の3つに登録できますからね(笑)

―それは確かに高い印象を持ちますね(笑)

まあ毎月付与される1,200ポイントを考慮するなら、”2189-1200=989”ということで、実質月額989円という考え方もできます。最新作を観るためにはdTVでもAmazonプライムビデオでも月額利用料とは別に課金が必要ですから、この考え方は無茶苦茶なものではないです。U-NEXTは毎月の1,200ポイントで最新作を観られますが、dTVとAmazonは本当の意味で課金する必要があります。ちなみにHuluはそもそも課金対象となる最新作を取り扱っていません。

―なるほど、実際2,189円払っているけど、1,200ポイントもらえているから実質989円・・・。この考え方を受け入れられるかどうかですね。

はい。それとデメリットはもう1つあって、見放題作品数がNo.1と言っても、弱いジャンルは作品数が少ないです。

―そうなんですね。例えばどんなジャンルですか?

U-NEXTが弱いのは、見逃し配信とバラエティですね。例えば見逃し配信だと、テレビで放送されたドラマやバラエティを見逃して、「やっちまった!」って思うことあるじゃないですか。そんな時、動画配信サービスで放送済みのものを観られるわけですが、U-NEXTはその作品数が極めて少ないです。ドラマだったら有料レンタル作品として一応配信はされていますが、他の動画配信サービスなら見放題作品ですからねぇ。バラエティに至っては民法ゴールデンタイムの作品はゼロです。逆にNHK作品はU-NEXTのみで観られますけど・・・有料です。

―確かに弱そうですね。逆に見逃し配信やバラエティはどこだったら強いんですか?

Hulu、Paravi、FOD、TELASAですかね。これらはそれぞれ日テレ、TBS&テレビ東京、フジテレビ、テレビ朝日とつながっているので、これらの見逃し配信が充実してます。まあU-NEXTはU-NEXTでこれらが到底並ぶことのできない強みがあって、男性なら大人向けの作品が見放題、女性なら韓流ドラマの見放題作品が豊富という部分があるので、どっちもどっちですかね。

U-NEXTに向いてる人・向いてない人

―ありがとうございました。最後にU-NEXTに向いている人・向いてない人の特徴を教えていただけますか?

了解です!以下にまとめてみました。

向いてる人
  • 映画やドラマが本当に好きでどれだけ観ても飽きがこない人
  • 映像作品だけじゃなくて電子書籍も楽しみたい人
  • 韓流ドラマを見まくりたい人
  • 大人向け作品を見まくりたい人
向いてない人
  • 月額2,189円(税込み)を気にしてしまう人 → Amazonプライムビデオ、dTV、Huluがオススメ!
  • テレビ放送の見逃し配信が目当てな人 → Hulu、Paravi、FOD、TELASAがオススメ!
  • ポイント制度が煩わしい人 → Hulu、Netflixがオススメ!

U-NEXTの無料トライアルに申し込もう

ここまで長い説明を読んでいただきありがとうございました。最後に百聞は一見に如かず・・・、U-NEXTの無料トライアルに申し込み、実際にU-NEXTを体験してみることをおススメします。

U-NEXTの無料トライアルは月額利用料2,189円(税込み)がタダ。無料で31日間、見放題作品をお楽しみいただけます。さらに600ポイントが付与されるので、有料レンタル作品も1本観ることができます。申し込みは以下より行ってください。

無料でU-NEXTを利用する!

※U-NEXT登録手順は以下の通り。

  1. こちらからU-NEXTのページにアクセスしてください。
  2. 「まずは31日間 無料トライアル」をタップしてください。
  3. お客様情報を入力してください。
  4. 「次へ」をタップしてください。
  5. クレジットカード情報を入力してください。
  6. 「送信」をタップしてください。

U-NEXT無料トライアルの登録マニュアルをご覧になりたい方はこちらをご覧ください。Webサービスに馴染みのない方は特にご覧いただくことをおススメします。

最後のまとめ

今回は動画配信サービスの1つ「U-NEXT」について、紹介してきました。特に言いたいことをまとめると以下の通りです。

  • 配信作品数がNo.1
  • 他サービスにない作品もU-NEXTにはある可能性が高い
  • 月額2,189円(税込み)で他サービスより高いが、毎月1,200ポイント付与される
  • ポイントの使い勝手は非常によく、映画チケットとの交換も可能

こちらの記事ではU-NEXT登録時のよくある質問等を解説しています。

無料トライアル期間を楽しむベストな方法を知りたい方はこちらから

無料でU-NEXTを利用する!