「名探偵コナン」の世界の
ボクっ娘高校生探偵


世良真純


見た目も性格も一人称も、
すべて男の子ぽいところがあるゆえ、
声質もやはり少年っぽい。


若く明るく快活な声を持つ
世良真純を演じる声優は誰なのか。

またその声優が担当した他の
キャラクターはなんなのか、
今回はそんなところを見ていこう。

それではどうぞ!


スポンサードリンク


世良真純の声優は誰?

 さっそく紹介しよう。ボクっ娘高校生探偵、世良真純の声優は、




日高のり子さん










 まずは日高のり子さんのプロフィールを見ていこう!


日高のり子プロフィール

 日高のり子さんは1962年5月31日生まれの56歳。東京都の生まれ。

 言わずとしれた名声優。日高のり子さん自身の名前や顔を知らなくても、声をあてているキャラクターはおそらく多くの人が知っているだろう。日高のり子さんの代表作を決めようとなったら、きっと討論が始まるくらい、たくさんの有名キャラクターを演じている。

 管理人コナソとしては、高山みなみさんや、山口勝平さんに次ぐ、もしくは2人を凌ぐほどの声優だと思っているほどだ。

 そんな日高のり子さんは、もともと子役として活動していたようだ。そして、1980年の18歳のときにはアイドルデビューを果たし、1984年に初めて声優をつとめた

 声優を初めたきっかけは面白いもので、アイドルとして芽が出なかった日高のり子さんが、ラジオ番組のリスナーの投書で「声に特徴がある」と指摘されたことらしい。世の中何がきっかけになるかわからないものだ。

 では、一体どんなキャラクターを演じてきたのか。代表作を見ていこう!


日高のり子の演じたキャラクターは?

タッチ:浅倉南

 1986年から放送された野球ラブコメ。つい口ずさんでしまう曲や物語途中の悲劇の展開など、印象に強く残る作品であり、ご存知のかたも多いだろう。浅倉南は本作ヒロインであり、明るく元気な性格。日高のり子さんの最初の代表作で間違いない。

同じ野球漫画の「巨人の星」とはずいぶん趣向が違うよね。



ピーターパンの冒険:ピーターパン

 1989年から1年間放送された”世界名作劇場”版のピーターパン。ピーターパンはディズニーだけの作品ではなかったのだ。日高のり子さんが演じるピーターパンは、現在の日高のり子さんの役柄にピッタリで元気な少年といった感じ。

 ちなみにヒロイン・ウェンディの声を担当しているのは松井菜桜子さんなんだけど、誰だかわかるかな?ご存知、鈴木園子の声優さんである。

こんな時から世良と園子の関係は始まっていたようです。



らんま1/2:天道あかね

 1989年より放送開始された週刊少年サンデー連載の漫画が原作のアニメ。水をかぶると女になってしまう高校生格闘家・早乙女乱馬と、その許婚・天道あかねによるドタバタラブコメディ。ちなみに男性版らんまの声は山口勝平さんが、女性版らんまの声は林原めぐみさんが担当している。

 日高のり子さん曰く、天道あかねの役でアニメ好きのファンを勝ち取ったらしい。

らんまの世界では報われている日高のり子さんの役・・・。



ふしぎの海のナディア:ジャン・ロック・ラルティーグ

 1990年に放送されたSFアニメ。監督はエヴァンゲリオンの庵野秀明さん。すなわち似通うシーンが多々見られる。どぎついグロシーンや、ちょっとエッチなシーンなども惜しみない。ジャンは主人公・ナディアと行動をともにする発明好きの少年。

どぎついシーンと言ってもエヴァほどではないので、一般人も見やすくオススメな作品。



るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-:瀬田宗次郎

 1996年に放送開始された時代劇風アニメ。原作と実写映画が大ヒットとなり、漫画史に残る名作と言って差し支えないだろう。オタ女に人気の出そうな容姿をしている瀬田宗次郎だが、実はかなりの剣術使いであり、めちゃ強い。実写映画では神木隆之介さんが演じており、剣劇は目を見張るほど。

昔の作品かと思いきや復活し、現在”北海道編”が連載中。



犬夜叉:桔梗

 2000年から2010年にわたり10年間放送されてきた「名探偵コナン」の兄弟分「犬夜叉」。主人公・犬夜叉は工藤新一役・山口勝平さん、ヒロイン・かごめは大岡紅葉役・ゆきのさつきさんと、コナンの声優がかぶるところがある。桔梗は犬夜叉の初恋の人物であり、50年前実際に愛し合っていた。

コナン以外では結構、勝平さんの役と日高さんの役、いい感じなのね。



ONE PIECE:ベルメール

 1999年に放送開始された現代の最強アニメの1角「ONE PIECE」。ベルメールが登場したのは2000年とかなり初期の回だった。主人公・ルフィの仲間であるナミを育てた義母である。男勝りで勝ち気な性格は日高のり子さんの演じるキャラクターにぴったりだ。

日高のり子さんの演じる中では、ある意味一番恐いキャラクターかな?



DEATH NOTE:ニア

 「そのノートに名前を書かれた者は死ぬ」。そんな奇抜なアイデアで登場した漫画「DEATH NOTE」は社会現象レベルに盛り上がった。アニメは2007年に放送開始され、ニアが登場したのは「DEATH NOTE」2期。デスノートを持つキラを追い詰める最強の刺客である。

ニアは日高のり子さんの演じるキャラクターの中ではだいぶ暗めな性格だね。



となりのトトロ:草壁サツキ

 1988年公開のジブリ映画。もはや知らない人はいないというほど有名な作品であり、今なお金曜ロードショーで放送されれば手堅い視聴率を得られる。草壁サツキも説明不要だろう。そう言えばトトロのエンドロールでいつも”日高のり子”の名前を見てたっけ。

 日高のり子さん曰く、サツキの役でファミリー層のファンを勝ち取ったのだとか。トトロとらんまで日高のり子さんの人気急上昇ってところか。

ここまで見てきた日高のり子さんのレパートリーの後に、聞き慣れた声のサツキを見ると、非常に不思議な感じがするね。




最後のまとめ

いかがだっただろうか。

今回は
「名探偵コナン」の世界で唯一の
ボクっ娘高校生探偵、
世良真純の声優について紹介してきた。

世良真純の声優は
・日高のり子さん
・日高のり子さんの演じたキャラクターは有名どころが多すぎる
というところだ。


コナンキャラの声優はは有名な人ばかり!
もしかしたら他作品で意外な繋がりが?

コナンキャラの声優まとめはこちらから!
==>コナンキャラ声優記事まとめ